IT系のアルバイトについて

今はIT系の人材が足りないためにインターネットや求人情報誌でアルバイトの募集をしています。もちろん、私自身も面談を行うときには職務経歴書に自分自身が得意なプログラミングや過去のアルバイトの経験を記載していますが、実際に業務に入ってみるとそのような実績が全く関係なく利用できないこともあります。結局のところ、アルバイトで通用するようなスキルは、それほどあるわけではなく基本的には実践の中で磨かれたものだけが実用されることになります。

単純なプログラミングであっても業界や業種が違うだけでプログラミングの癖があったり、企業独特のルールがあるので通用しないことがほとんどです。だからこそアルバイトを通じて様々な業界や業態のプログラミングを勉強して、正社員になるための修行を積むと言う期間にすれば非常に助かるのではないかと思います。

こうした経験が最終的には自信に結びついてIT系の人材会社でも役立つ人材になり得ると思います。

アルバイトでも報告連絡はきちんとできる人材

IT系のアルバイトの採用を行っていますが、基本的にアルバイトが必要となる部分はプロジェクトで人材が足りないところ、それもシンプルなインプットをきちんとできる人材を確保することです。とは言え、アルバイトでもルール通りにきちんと登録するにはそれなりのスキルが必要です。場合によっては IT系のアルバイトの採用を行っていますが、基本的にアルバイトが必要となる部分はプロジェクトで人材が足りないところ、それもシンプルなインプットをきちんとできる人材を確保することです。とは言え、アルバイトでもルール通りにきちんと登録するにはそれなりのスキルが必要です。場合によっては正社員に報告相談や連絡をする必要が出てくるものです。多少自分に自信があったり逆に周囲に相談することが億劫になるような人材に関しては、組織としてのパフォーマンスが落ちることになりますので可能な限り不安な点は何でも秋に話するように呼びかけていますがなかなか難しいところです。

マニュアルが守れない人材は辛い

私はIT系の販売会社でコールセンターのアルバイト人材募集を行っています。電話で受けた内容をいかに的確に対応し記録を規定のフォーマットに残すかと言う業務なのですが、正社員ではさすがに人件費が合わないためにアルバイトを活用することにしています。一見簡単そうに見えますがまず電話でお客様と対応することにコミニケーション能力が必要になります。またこのコミニケーション能力だけではなくなんといってもルール通りにマニュアルに従ったインプットができなければ仕事は務まりません。もちろん、アルバイトと言いながらも非常に優秀な人材が集まることもあるのですか困ったことにマニュアルが守れないがために全てをゼロからインプットし直す手間が出てくることがあります。 人材を登用する側としてはアルバイトにここまで能力があるかどうかは面談を一度行なったくらいではなかなか分かるものでもありません。コミニュケーション能力をまずは第一に考えて作業することにしています。

地方でもIT系のバイトはある

東京から地元に帰ってきましたが、とりあえずアルバイトをしていました。働いていたのは地元のIT企業です。知識は何もなかったのですが、一から教えてくれるという事で働き始めました。

主に自社システムの運用を行っていました。具体的にはバックアップの作成やデータ入力をするのが仕事です。知識は無かったのですが、担当の方が丁寧に教えてくれ、何とかデータの入力はできるようになってきました。その会社はコールセンターの業務を委託されていて、私はその電話を受けた内容を入力していく仕事でした。直接電話を取るわけではないのでストレスはありませんでしたが、そのクレーム内容を見ると気がめいる感じだったのを覚えています。

大体9時に出勤し、17時に帰宅するスタイルでした。時給は800円ほどで安かったですが、会社には安い食堂やトレーニングジムもあり、それなりに充実したバイトでした。ただ、データ入力の仕事はあまり他に活かせる経験ではなく、スキルアップにはつながらないと思いました。

ITエンジニアアルバイトの経験上、採用されるのはその人の人間性とスキルと学ぶ姿勢

私はITエンジニアのスマートフォンアプリ開発の仕事にアルバイトとして入ったときに、60歳位のおじいさんの方と仕事をすることがありました。私は思わずIT業界は人の移り変わりが激しく、高齢になるとITエンジニアの仕事は無理とみなされて採用は辛くなるのではないのですか、と聞いたことがあります。するとその人は「アプリでも何でも過去に作ったり顧客が何を求めているかのマーケティングをこつこつしたり、新しい言語や顧客のニーズなんかも若い人と話をしてコミュニケーションを量ればどんなことをすればいいか目に見えてくるから簡単だよ」と言われました。その方の話を聞いて意見交換をしてみて、ああ、なるほど、会社の方はマーケティングで顧客のニーズをつかめてかつ、古い知識や経験に固執せず柔和に物事を考えられる人間性ならば言語スキルが特別に高くなくても後から言語を学ぶ姿勢があればその人の人間性とスキルと学ぶ姿勢を会社は評価し、雇い入れてくれるとのことらしいです。ですから、その人を雇い入れるかはその人の人間性とスキルと学ぶ姿勢が重視されます。

IT系アルバイトのスキルアップのコツは自助努力

「学校でしかパソコン触ったことがない!」という人でも、IT系アルバイトはできますよ。とは言いましても、もちろん「自宅でも自主学習すること」は大事ですけれどね。

IT系アルバイトをする会社の社員からも、「自助努力」については言われると思います。けれども「教えてもらえる」というだけでも、IT系アルバイトはメリットがむちゃくちゃ大きいと思うんですよ。なぜなら、パソコンスクールともなりますと、お金を払って習いにいくわけですからね。

しかしIT系アルバイトの場合は、お金をもらって技術の習得が可能ですから。もちろん、「お金をもらってパソコン操作を覚えちゃおう!」なんて優しいアルバイト求人は出ていないことでしょうけれど、しかし実際のところではそのようなアルバイトの子たちは多いですから。

しかしそこでの分かれ道と言えば、「自分でどこまで頑張れるか」ですよ。IT系アルバイトの場合、伸びる子にはどんどん仕事をふっていきますので、自分でどこまで頑張れるかーといったことも大事なのです。ですから「IT系アルバイトでよりスキルアップするためには、自助努力が大事!」なのですから。

女性のIT業界でのアルバイト

女性にとって、IT業界でのアルバイトは、とてもお勧めだといえるでしょう。

その主な理由が、時給が高いからです。

そもそも、IT業界というのは、アルバイトでなくても、ある程度の専門知識(話術を含めて)が必要なので、時給は高く設定されています。

そして、こういった企業は、最近では、オフィス自体は、のびのびと社員が仕事ができるように(これは、長時間仕事ができるようにという意味もあるかもしれませんが、のびのびとした環境で、新しいデザインができるようにということも、そして、オフィスの家賃やストレスレスにするための対策でもあります)しています。

特に、IT業界でのアルバイトでは、女性も多く採用しています。

サービス部門はそうですが、クリエイティブな面では、男性は女性にかないませんから、そういったことからも、例え正社員でなくても、アルバイトの人の素晴らしいデザインなどを採用するために、女性のIT業界でのアルバイトも、新しい1歩を刻むためにおすすめです。

IT業界バイトは知識がものすごく身につく

IT業界でアルバイトをするには、やはりさわりだけでもwebのことがわかっていないと無理だと私は思っています。IT業界でアルバイトすればパソコンやweb関連のことがものすごくわかるようになるかといえば、そうではないと思いますので。

はっきり言って、大手企業ではない限りアルバイトの子を対象として研修なんてする余裕はないですよ。ですから「触りだけでもwebのことがわかるのならば、あとはやりながら覚えていって!」という感じです。

現に私がそのようにして鍛え上げられましたから。IT業界でアルバイトに入る以前は、自分でホームページを作ったことがある程度で、しかし自分ではwebのことはなんとなくでもわかっているつもりでした。けれど、実際にIT業界でアルバイトしてみたらわからないことだらけでしたね。

しかしわからないことが多いながらも、土台の知識はありましたので、周囲の人に聞いて覚えていった感じです。これで本当にまるっきりの素人でしたら、1日で逃げるかなとは思います。ただ、1ヶ月でもアルバイトすれば知識はものすごくつきますので。やっぱり飲食店バイトとは意識が違うといえるでしょう。

IT業界でデータ移行のアルバイト

IT業界で短期間のアルバイトをしたことがあります。IT業界での仕事は、高度なプログラミングやネットワークの技術などが必要だとイメージされるかもしれませんが、私が携わった仕事では、高度な技術は必要とされなかったので、初心者でも難なく仕事をすることができました。内容は、データの移行作業です。元からあるオラクルのデータベースから新しいデータベースへ必要なデータを移行するのですが、基本的にはコピーしてペーストするだけでした。データベースではSQL文を使用するのですが、それらはあらかじめ用意されていますので、プログラミングをするということはありませんでした。私がする作業は、そのSQL文をシステムに通してデータを抽出してから、データをコピーして新しい場所へ張り付けるだけでした。この短くて単純な作業でしたが、実際に業務で使用するSQL文がどのようなものか知ることができたのはよかったです。ITへの登竜門としてアルバイトを経験してみることもいいことだと思います。

スキルの向上と自分にあっているかを確認できた

私は学生の時にweb系の開発のアシスタントのアルバイトをしていました。

始めたきっかけは開発をしたいと考えていた事と話では激務や大変だと良く聞いていたので就職活動をする前に実際に働いてみて確認をしたかったためです。

扱っていたものはECサイトのシステムが多く、購入システムやサイトを運営するための顧客様用の管理システムになります。

ですので、使用していた言語はPHPがメインでした。

仕事の流れは、部を総括している方から指示が出て、指示があった部分のシステムを組んでいきます。ひとつのシステムをまるまる制作することは少なく、基本はチームごとで進めるため一部を作成する事が多く、わからない事はすぐに聞ける環境でした。

また、勉強の時よりも周りに技術面で聞けるの環境や実務のため妥協できないため、スキルアップには良い環境でした。

また、ITの開発者として今後やっていけるのか、適性があるのかも実際に仕事をして確認する事ができ、就職活動までに必要なスキルについても学ぶ事が出来ました。