IT業界でのアルバイトをするなら

IT業界でのアルバイトといっても、色々な種類がありますよね。

まずは、どんなことでもいいから、パソコン関係の仕事に就きたいというのであれば、IT業界、どんな職業でもあなたを求めている人はいますから、とことん体当たりしていきましょう。

それに、事務として働きたいというのであれば、こういった場合、ほとんど女性を求めることが多いです。

というのも、先天的に、女性の方が細かいとされているので、男性よりもこういった作業は女性に向いているということで、IT業界でのアルバイトであっても、事務業務は、女性を求めている会社が、提示してはいません(できません)が、多いです。

他には、ITの知識はなくても、営業の経験や知識があるという方は、IT業界でのアルバイトに営業という職種を選んでみましょう。

業種が異なれば、今までやってきた経験は利用できますが、また違った知識を身に着けることができる上に、今欠かせない職種の営業は、やりがいが出ますよ。

パソコンスクールで講師補助のアルバイト

先日、知人の伝手でパソコンスクールの授業で講師の補助をやらないかという話を伺い、やってみる事にしました。

面接というかいきなり打合せのような形でしたが、やる事は講師の方が授業をしているのを、15人くらいの教室の後ろで聞いていて、生徒さんから個別に質問がある場合等に、講師の代わりにこたえるというものでした。

ExcelやPowerPointの授業と、簡単なプログラミングの授業で補助を担当しましたが、当たり前ですが生徒さんは皆さん初心者の方ばかりなので、それほど突っ込んだ質問もなく、また質問自体それほど多くないので、非常に楽なアルバイトでした。

立ち仕事なのが大変と言えば大変で、一日中やっていると退屈なのもあって、そういう大変さはありましたが、時給は1000円もいただけたので、アルバイトとしてはかなり楽な方で、収入もまぁまぁ良かったので、副収入としてとても助かりました。

基礎的な内容ですが、知らなかった事や忘れていた事もチラホラあって、自分も勉強になるという面でもお得なアルバイトでした。