IT系企業のテレアポバイトの必須能力

独自の機能をもったHP作成のIT系企業にて訪問顧客を取得するためのテレアポの採用面接を行っていました。8時間業務で300件近く電話し訪問のアポを切るところまで一連の動きをしてもらうのですが、容姿や服装に常識の範囲では指定はなく何より声の質と活舌が基準の第一条件でした。あとは法人相手への電話で、稀にひどいことを言われたり単調な作業の繰り返しで心が壊れそうにもあるのでストレス耐性の強さも問われます。理想で言えば、女性の、高めの声、活舌がよく、感情をこめて電話をしながら、心のスイッチを切って淡々と業務遂行できる人が理想でした。

未経験でも1000円を超える時給であるがゆえに、応募数は多く、電話をするだけと高を括ってくる人は意外ときつい業務の内容に黙って去るケースも少なくないです。無意味な自信よりも静かに黙々と業務を遂行できるストイックな性質の人の方が向いています。それができる人にはインセンティブや高い自給でバイトで月20万以上も全然可能です。

ブラックなIT会社でもアルバイト勤務なら平気

IT系の会社のなかには、ご存知ブラック気味の会社が多いとも言いたくなるような感じなのですが、しかしIT系のブラック会社でも、アルバイトでしたら全然やっていける感じではありますよ。

正社員ともなりますと年俸制だったり、固定月給制だったりしますので、「超勤、やってらんねーよ!」と精神状態が限界に達してしまうこともありますけれど、しかしブラックIT会社でもアルバイトでしたら、時給で働いていますからね。超勤どんどんとウェルカム状態だったりしますから。

たとえ労働環境があまり良くなかろうと、正社員なはずなのにアルバイトから見ても使えない上司がいようとも、お時給で働いているアルバイトですから、精神面はとても楽なものなんですよ。

ただし、アルバイトの雇用形態でも日給制ですと、こうはいきませんからね。時給で働くことがポイントですよ。ちょっと高めの日給に惹かれる人もいるでしょうけれど、しかし「アルバイトでいいや」と思っているのならば、時給を選んでおいた方がいいと私は思いますので。

個人的なアプリ開発

プログラミングの専門学校を卒業したものの、プログラミングとは全く違う企業に就職して働き、日々を過ごしていました。そんな中、専門学校時代の友人から、共同でスマートフォン用のアプリを開発してみないか?と持ち掛けられました。

知人はフリーランスのプログラマーとして働いていたのですが、クライアントから請け負った個人的なアプリ開発の納期がとにかく短いけれども報酬がとても良いことを聞きました。ですので、知り合いのプログラミングができる人を集めて、共同でアプリ開発ができないかと持ちかけている最中と聞きました。もちろん、クライアントからは共同開発も納期通りに完成できるならOKとの返信を貰っていたそうです。

報酬額を分け合ってもとても魅力的な金額だったので、共同で個人的なアプリ開発のアルバイトを請け負いました。アルバイトとはいえクライアントのSEがプロジェクトの管理も行ってくれたのでとてもやりやすかったです。かなり癖のある個人的な趣味の為のアプリでした。

個人事業主のサイト作成

とある事業を営んでいる中小企業の知人からの依頼を受けて、その企業のホームページ作成のアルバイトを受けたことがあります。個人でホームページを運営していたことと、レンタルサーバーやCGI、PHP、タグを使用したHTML作成をしていた経験を買われて、「法人のホームページを作って欲しい」と言われました。とはいえ、中小企業で限定的なニーズに対応している企業だったので、私のような個人ホームページに毛が生えた程度の技術や知識を持つ人間でも作成してほしいとニーズがあったのだと思います。

ホームページ作成1件につき○○円、という受注方法ではなく、その企業に出勤して時給制のアルバイトをしながらホームページ作成をしました。作成しながら電話応対や他の業務を請け負うこともありましたが、時給はコンビニよりも高かったのと、基本的に電話なども少なかったのでやりやすかったです。ただ、ホームページ完成後も担当者から更新時に質問とかが個人的に来るのがとても煩わしかったです。

IT系のアルバイト生の将来性

IT系企業には、実に多くの人材が集まっています。

入社依頼、ずっと頑張っているプロパー社員から、他の企業からの転職組。

中には、営業経験を買われて転職した中高年の社員もいます。

その中で、学生のアルバイト社員も少なからず、頑張っています。

IT系では、専門スキルの高い人であれば、アルバイトの社員でも有望な人材となります。

しかも、若い人達はただでさえ、ITスキルが高いために、クウォリティの高い仕事をしているアルバイト社員も存在していまます。

彼らは、仕事をこなすというより、新しい仕事を創造することにも長けているのです。

中高年の社員では、中々、思いつかない斬新ばアイデアを持って、も見張るような仕事を作っていくのです。

大学で情報系や電子工学等を専攻している人もいれば、文系専攻でもIT系に造詣の深い人々と、そのタイプは様々です。

このような人々をIT系企業は、アルバイトの時代からしっかりと育成して、そのまま就職させることで、人材を確保する機会も作ろうとしています。

意識の高い会社でプログラミングをするアルバイトをした

私は将来人の役に立つソフトウェアやアプリを作る仕事をするのが目標です。そのためにいろいろな言語の習得をしているのですが、プロとの仕事を実際にしてみたいと思ったのでアルバイトをしに行きました。私がアルバイトをしたのはサイトやアプリの制作を請け負っている会社でした。少人数で運営している会社で非常にアットホームな雰囲気がするよい会社でした。将来働くならばこういう素敵な会社で働きたいと思いました。プログラミングスキルは自分の取り組み次第ですぐに上達するものです。私は毎日プログラミングスキルを上げるために本やサイトで知識を増やす努力をしています。いろいろなアルバイト先でプログラミングの経験を積めばかなりプログラミングスキルを上げれると実感しました。将来独立して大きな仕事を請け負えるようなエンジニアになりたい自分にとって今回のアルバイトの経験は大きな財産になりました。次も意識の高い会社でプログラミングをするアルバイトをしたいと思いました。

将来プロのエンジニアになるための良い経験になった

私がネットで短期間のアルバイトを探していたときに見つけたのがホームページ制作会社でのアルバイトです。普段から自分でよくプログラミングの学習をしていたのでいつかプロといっしょに仕事をしたいと思っていたので良い機会だと思いました。私に任せられた仕事はjavaを使った動的なサイト作りです。javaは非常に扱いやすい言語なのでいろいろな目的で使われています。将来プロのエンジニアになりたいという目標があった私が最初に覚えたのもjavaでした。アルバイトの現場には私と同じような年齢の人がいたので楽しく働くことができました。同じ年代のプログラマといっしょにアルバイトをしたことで多くの刺激を受けることができたのでアルバイトをしてよかったです。javaでプログラミングをするときには私の知らないライブラリを多く使ったのでプログラミングスキルを上げることができました。いっしょにアルバイトをした人と仲良くなれて人脈を拡げることができたのも良い収穫でした。

javaで本格的なWebアプリケーションを作るアルバイトは面白かった

私は本格的なjavaのプログラミングスキルを磨くためにシステム製作会社でアルバイトをした経験があります。私がアルバイトした会社ではWebアプリケーションをjavaで作っていました。私は基本的なjavaの仕組みについては独学で知っていたのでアルバイト中に大きなトラブルになることはなかったです。ただ仕事で使うjavaは非常に難しかったので勤め先の詳しい人に分からない点について聞きながら働く必要がありました。将来エンジニアになりたいと考えていた私にとって、javaのスキルが高い多くのエンジニアといっしょに仕事をした経験は貴重でした。多くの優秀なエンジニアと協力して作ったのでなんとか期限までに任されたWebアプリケーションを完成させることができました。現場で本格的なアプリケーションを一人で作れるようになるにはもっとjavaのスキルを身につけないといけないと思いました。非常に面白い現場だったので将来javaのエンジニアになって活躍したいという気持ちになれました。

IT系の会社でのアルバイトで飛躍的にスキルアップ

IT系の仕事で体験したことがあるアルバイトは「テスター」と「画像の整理作業」です。「IT系の仕事でのアルバイトというよりは、「IT系の会社におけるアルバイト」と言った方が、ピンとくることでしょうか。

私は知り合いの紹介で、IT系の会社でアルバイトをしたのですが、「これ専門」というわけではなく、アルバイトは何でもやる感じでしたね。

私はホームページ制作のIT系会社でアルバイトをしていました。それで独学でフォトショップは使うことができましたので、そのスキル(と、いっても多少触れる程度ですが)を見込まれてのアルバイトです。

主な仕事は支持された内容に画像を調整することです。また、切り抜きなども行いました。IT系の会社でのアルバイトを通して、「多少触れる」ぐらいだってフォトショップの技術が、「どういうことなのかちゃんとわかる」ぐらいの技術になりましたね。つまり、飛躍的にアップしたということです。

やはり、自宅でフォトショップを触っているのと、「仕事としてフォトショを触っている」のとでは全く違います。ですから技術の習得という面においては、IT系の会社でのアルバイトはとてもいい経験になりました。web知識もつきましたい。

若いうちにIT系のアルバイト」を体験しておく!

若い頃に経験しておくといいアルバイトのひとつとして、私があげたいことはといえば、それは「IT系のアルバイト」です。「IT系のアルバイト」は、高校生からしてもいいぐらいに将来ためになるアルバイトだと、私は思っているわけです。

なぜなら、「IT系のアルバイト」をしますと、パソコン操作が一通りわかるようになるからです。もちろん、どこの会社にアルバイトに行くのかーといったところで、結果は違っていくと思いますが。

けれどもまあ、いずれの会社にしましても、「IT系のアルバイト」なのですから、パソコン操作は必須です。そして雇用形態はアルバイトとはいえ、お金をもらって作業をするのですから、責任感が発生します。

だからこそ、パソコン操作について、知識もスキルもグンと伸びるのです。はっきり言って、パソコン教室よりもぐっと伸びると私は思っていますよ。なぜなら「現場で学べます」からね。周囲には先生とも呼べる人、いやパソコン教室の先生よりも知識が深い人が何人もいたりしますから。

IT系のアルバイトをすることで、「習うよりも慣れろ!」を体現できると思いますから。ですからこそ、「IT系のアルバイト」は若い頃に経験しておくのは大事だと思うわけです。