個人的なアプリ開発

プログラミングの専門学校を卒業したものの、プログラミングとは全く違う企業に就職して働き、日々を過ごしていました。そんな中、専門学校時代の友人から、共同でスマートフォン用のアプリを開発してみないか?と持ち掛けられました。

知人はフリーランスのプログラマーとして働いていたのですが、クライアントから請け負った個人的なアプリ開発の納期がとにかく短いけれども報酬がとても良いことを聞きました。ですので、知り合いのプログラミングができる人を集めて、共同でアプリ開発ができないかと持ちかけている最中と聞きました。もちろん、クライアントからは共同開発も納期通りに完成できるならOKとの返信を貰っていたそうです。

報酬額を分け合ってもとても魅力的な金額だったので、共同で個人的なアプリ開発のアルバイトを請け負いました。アルバイトとはいえクライアントのSEがプロジェクトの管理も行ってくれたのでとてもやりやすかったです。かなり癖のある個人的な趣味の為のアプリでした。