IT系のアルバイトについて

今はIT系の人材が足りないためにインターネットや求人情報誌でアルバイトの募集をしています。もちろん、私自身も面談を行うときには職務経歴書に自分自身が得意なプログラミングや過去のアルバイトの経験を記載していますが、実際に業務に入ってみるとそのような実績が全く関係なく利用できないこともあります。結局のところ、アルバイトで通用するようなスキルは、それほどあるわけではなく基本的には実践の中で磨かれたものだけが実用されることになります。

単純なプログラミングであっても業界や業種が違うだけでプログラミングの癖があったり、企業独特のルールがあるので通用しないことがほとんどです。だからこそアルバイトを通じて様々な業界や業態のプログラミングを勉強して、正社員になるための修行を積むと言う期間にすれば非常に助かるのではないかと思います。

こうした経験が最終的には自信に結びついてIT系の人材会社でも役立つ人材になり得ると思います。